2016年度
博論  青柳 和平 高レベル放射性廃棄物の地層処分に資するための坑道掘削損傷領域の水理・力学特性の評価に関する研究
   Ziad Bennour Effect of Hydraulic Fracturing Fluid Viscosity on Stimulated Reservoir Volume for Shale Gas Recovery
修論 北代 雅明
南アフリカ大深度金鉱山で起こる誘発地震とその周囲で発生
する微小破壊の関係
出ア 秀一
黒部地点原位置岩盤における水およびCO2圧入試験
  西原 健吾
室内水圧破砕実験におけるき裂造成メカニズムの
モーメントテンソル解析による検討
山形 直毅
南アフリカ金鉱山地表下1kmの切羽の進行に伴って出現する
二次元状AE分布に関する研究
卒論 金子 眞士
Acoustic Emissionの振幅比を用いた相対モーメント
マグニチュード推定
岸本 恭暢
超臨界CO2による岩盤破砕時の破壊メカニズムの検討
山本 和畝
石目の卓越方向が異なる岩石供試体による室内水圧破砕実験


2015年度
修論 西田 雄貴
大理石のサブクリティカルき裂進展における環境依存性
矢野 俊介
室内水圧破砕時に生じるAcoustic Emissionの発震機構解の推定
  山下 寛人
水とCO2による瑞浪地点原位置水圧破砕試験
卒論 藤戸 航 瑞浪地点原位置岩盤における水圧破砕実験および
アコースティックエミッションによる解析
南 隆太郎 南アフリカMponeng金鉱山地下3.3 kmで発生した   
Mw 2地震の余震に対するRepeating Earthquake解析
三宅 尚宏 頁岩供試体の水圧破砕で生じる微小破壊のAEによる
絶対規模推定
山口 純弥 南アフリカCooke 4金鉱山地表下1 kmで観測された地質断層上のRepeating Earthquake解析


2014年度
修論 乾 周平
室内AE測定実験によるCO2フラクチャリングで造成された
亀裂の特徴の検討
千歳 翔大
単一亀裂内での水攻法挙動に及ぼす圧入水の流入流出位置
や圧力の影響に関する研究
  中尾 尭雅
周辺環境制御下における岩石のP波伝播特性
卒論 北代 雅明 南アフリカ金鉱山で観測された地震の精密震源決定
出ア 秀一 超臨界CO2及び水による小規模現場岩盤破砕実験
西原 健吾 シェール供試体の水圧破砕き裂の蛍光法による観察と
AE震源との比較
山形 直毅 南アフリカ金鉱山で観測された断層沿いAE活動のb値解析


2013年度
修論 永谷 侑也 二酸化炭素と水,油による花崗岩の水圧破砕実験と
その破壊メカニズムの検討
湯浅 友輝 数値シミュレーションによる発破低周波音低減方法の
検討に関する研究
  Ziad Bennour Acoustic Emissions Monitoring of Hydraulic Fracturing Experiments of Shale Cores
卒論 尾島 亮誠 単一フラクチャー内原油掃攻挙動の
圧力依存性について
草薙 和也 石油増進回収用増粘剤としてのセルロース
ナノファイバーの粘性特性
西田 雄喜 大気中における大理石でのサブクリティカルき裂進展
矢野 俊介 シェール供試体の流体加圧による
フラクチャリング実験
山下 寛人 花崗岩供試体を用いた液体CO2フラクチャリング実験

▲ページのトップへ



2012年度
修論 大江 悠真 岩石のサブクリティカルき裂進展と長期強度
樽井 直良 フラクチャー内における
油掃攻率改善に関する基礎的研究
  當麻 玄大 発破低周波振動低減のための
最適発破規格に関する研究
卒論 乾 周平 破砕流体の粘性と流量を変化させた水圧破砕実験
内田 紘人 水中に保存した岩質材料の鉱物析出挙動の観察
千歳 翔大 可視化モデルによる
フラクチャー内での油掃攻挙動の観察
冨田 和秀 シェール供試体の水圧破砕実験
常峰 淳 貯留岩の微小試料を用いた
残留ガス飽和率測定について

▲ページのトップへ

 

2011年度
修論 青柳 和平 ボアホールブレイクアウト発生条件の
実験的・解析的検討
芦田 彬久 原油掃攻効率改善に対する
貯留槽内ブロッキング効果に関する研究
  寺井 周  貯留岩の空隙構造データに基づく
濡れ相の残留飽和率評価に関する研究
西山 太弦 X線CTを用いた三軸圧縮下での
岩石の変形・透水挙動の計測手法に関する研究
卒論 安藤 俊 ボアホールブレイクアウトの発生に対する
中間主応力の影響について
中尾 尭雅 温度・湿度制御下における
砂岩のP波伝播特性に関する研究
永谷 侑也 超臨界及び液体CO2と水、油による水圧破砕実験
  湯浅 友輝 発破低周波音伝播に及ぼす地形の影響について 

▲ページのトップへ

 

2010年度
修論 丹羽 智哉 超臨界二酸化炭素を用いた花崗岩の水圧破砕実験
卒論 大江 悠真 X線CT法による三軸圧縮下における
不均質岩石のひずみ場の測定
樽井 直良 単一フラクチャー内の
原油回収率向上に関する数値解析的検討
當麻 玄大 石灰石鉱山における
発破低周波音の低減に関する基礎的検討
山川 彩香 ボアホールブレイクアウトの発生に対する
中間主応力の影響について

▲ページのトップへ

2009年度
博論 清水 浩之 粉状体個別要素法による岩石破壊現象の基礎的検討
および水圧破砕の破壊過程に関する研究(Distinct e-
lement modeling for fundamental rock fracturing and application to hydraulic fracturing)

修論

大谷 敏記 CO2地中貯留における圧入CO2流動挙動の
キャピラリー数依存性に関する研究
岡島 拓郎 岩石の弾性定数異方性の影響因子に関する研究
小川 威 岩石の吸脱着特性の定式化と微細間隙構造の評価
佐藤 亮介 真三軸圧縮試験による
ボアホールブレイクアウトの発生条件の検討

卒論

青柳 和平 真三軸圧縮試験による
ボアホールブレイクアウト発生実験
芦田 彬久 水平多層構造の高浸透率層強制閉鎖による
掃攻効率改善について
寺井 周 MS-P理論に基づく
貯留岩の残留流体飽和率評価について
西山 太弦 X線CTを用いた三軸圧縮下における
岩石破壊過程の可視化
  長谷川 佳大 種々の岩石の吸着等温線 

▲ページのトップへ

2008年度
修論 石田 基 AE観測による
水攻法注水フロントモニタリングに関する実験的研究
卒論 牛島 健人 貯留層内卓越流路の強制閉鎖による
掃攻効率改善について
丹羽 智哉 多胡砂岩三軸試験における
間隙水圧上昇時のAEモニタリング
山口 裕弘 炭酸ガスのブレークスルー圧力と
空隙形状の関係について

▲ページのトップへ

2007年度
修論 赤井 崇嗣 格子ボルツマン法を用いた
フラクチャーの浸透率及び相対浸透率に関する研究
小畑 明広 均質化法による
岩石の異方弾性定数評価に関する基礎的研究
冨井 将允 岩石の吸着特性に着目した
二酸化炭素地中固定化技術の検討
卒論 大谷 敏記 炭酸ガス地中貯留における
残留ガストラップに及ぼす空隙形状の影響
岡島 拓郎 多孔質岩石の空隙分布異方性が
弾性係数異方性に及ぼす影響
小川 威 二酸化炭素の異なる細孔分布を有する
岩石への吸着に関する研究
佐藤 亮介 石油増進回収の水攻法を模擬した
岩石三軸AE測定試験
  上岡 正実  採掘に伴い進展する
空洞群周辺の三次元解析による安定性評価 

▲ページのトップへ

2006年度
修論 清水 浩之 個別要素法による岩石の水圧破砕の
破壊過程に関する研究
杉山 直豊 超臨界炭酸ガスの浸透に伴う
ケーシングセメントの物理的特性変化に関する研究
豊田 逸平 透気試験による低拘束圧下の
難透水性岩石の浸透率測定に関する研究
中村 利宗 均質化法を用いた岩石の弾性定数異方性
に関する研究
卒論 石田 基 AE測定を用いた遅効性静的破砕剤による
脆性材料の破壊メカニズムの研究
岩間 弘樹 残留油飽和率評価に適用可能な貯留岩の
空隙形状評価指標の構築
長谷 俊輔 格子ボルツマン法による
フラクチャー浸透率テンソル評価

                          ▲ページのトップへ

2005年度
修論 田中 洋行 3次元FEM解析のよる露天掘り斜面の
安定性評価に関する研究
谷 健吾 格子ボルツマン法を用いた
貯留層岩石の残留流体飽和率評価に関する研究
卒論 赤井 崇嗣 数値多孔質体モデルを用いた
岩石の浸透率テンソル評価
小畑 明広 数値多孔質体モデルを用いた
2次元弾性テンソルの評価
冨井 将允 ケーシングセメントに及ぼす超臨界CO2の影響
吉國 征紀 岩盤の異方性を考慮した露天掘り採掘斜面周辺の
3次元応力変形解析

                          ▲ページのトップへ

2004年度
修論 川ア 彰和 炭酸ガス帯水層貯留における圧入炭酸ガスの挙動と
地層バリアの安全性に関する研究
内海 一統 地山の強度劣化による変状トンネルの
対策工設計に関する研究
藤田 稔 数値多孔質体モデルを用いた
貯留層の浸透率評価に関する研究
依田 成正 トンネルにおけるシステムロックボルトの
支保効果に関する研究
卒論 清水 浩之 ライニングを施した鉱石立坑内の流動挙動解析
杉山 直豊 CO2圧入井のケーシングセメントに及ぼす
超臨界CO2の影響
豊田 逸平 不連続面を考慮した露天掘り斜面の
3次元応力変形解析
内藤 裕太 岩石の空隙構造特性に及ぼす圧力の影響
中村 利宗 空洞群を有する領域の応力解析に対する
均質化法の適用について

                          ▲ページのトップへ

2003年度
修論 高 原 都市部における山岳工法トンネルの
覆工設計法に関する研究
卒論 有馬 謙二 地山と支保剛性の時間依存性を考慮した
トンネル掘進解析
田中 洋行 掘削に伴う露天掘り斜面周辺の3次元応力変形解析
谷 健吾 2点相関法による数値多孔質媒体モデルの評価
西田 佳弘 光ファイバーによるトンネル変状検知システムの検討
早川 明伸 シミュレーションによる帯水層を対象とした
炭酸ガス圧入法の検討
早川 和宏 地すべりによるトンネル覆工変状に関する
二次元的検討

                          ▲ページのトップへ


ホーム

研究室紹介

教授からの挨拶

研究室の概要

就職先

研 究

研究概要

卒論・修論

研究成果

メンバー

トピックス

アクセス