人類の持続的発展を支える地殻開発工学

地殻開発工学分野では、岩の力学に関する知見を基にして、人類の持続的発展に欠かせない資源・エネルギー開発に関する研究や、地下空間の有効利用、周辺環境が岩石物性に及ぼす影響、岩盤の安定性に関する研究を行っています。これらの研究は、室内試験、現場計測、コンピューターシミュレーションなど、様々な手法を用いて行われています。

京都大学内での研究活動はもちろんのこと、他大学(例えば北海道大学や東北大学)や外部の研究機関(例えば石油天然ガス・金属鉱物資源機構)と共同での研究も行っております。

本研究室で行われた研究より、石油生産井の安定性、石油の生産性向上、二酸化炭素地中貯留、放射性廃棄物地層処分など、多くの工学プロジェクトに貢献できる成果を挙げています。


                         ▲ページのトップへ


ホーム

研究室紹介

教授からの挨拶

研究室の概要

就職先

研 究

研究概要

卒論・修論

研究成果

メンバー

トピックス

アクセス